老後の楽しみの一つが、副業で当座の御小遣い稼ぎをする事です。少しでも儲けが出ればそれを使って、ゴルフや旅行を楽しむことが出来るので、頭を使ってお金を稼ぎ、身体を動かす趣味に身を投ずることで健康にも役に立ちます。自分もその内の一人ですが、NISA制度の一年の投資枠100万円を利用して、安定的に値上がりが期待できる銘柄探しに注力し、NISA制度がスタートして6か月が経過した時点で、それなりに利益を上げてゴルフ資金として活用しています。ささやかな稼ぎを求めている者にとって、非課税は本当に助かります。


<投資枠を拡大して欲しい>

老後の副業にしている身にとっては、安定して持続的な収益が見込める企業銘柄に投資して、大きな利益でなくても、確率の高い利益が見込める株取引をしたいので、できれば投資枠を100万円から200万円に拡大して欲しいものです。10〜15%程度の利益が見込めれば決済し、確実に利益を確保し損失リスクを最小限にする方針であり、少しでも利益が出れば老後の楽しみとしては申し分ありません。若い人たちにとっては、大きな利益で老後資金を蓄える目的にするので、この場合でも少しでもNISA投資枠拡大は望ましく、株式取引を活性化させるためにも必要です。

Posted in NISA | No Comments »

NISAは非課税になるといううれしい制度ですが、条件や概要を知っておかないと反対に損をしてしまうことになります。株に関して興味のなかった人にとっても、覚えると得になるかもしれません。初心者の場合は勉強も必要ですが、ニーサの概要をしっかり確認して賢く利用するようにしましょう。


<NISAって誰でも利用できるの?>

利用できるのは日本国内に住んでいる20歳以上の人です。証券会社や銀行、郵便局などの金融機関において、一人1つの口座を申し込むことができます。一人1つの口座なので、銀行と証券会社にそれぞれ1口座開設することはできません。とりあえず少額で株を始めてみたい人、長期に渡ってじっくり増やしたい人、にとってはおススメの制度と言えるでしょう。


<ニーサではできないこと>

NISA口座は一度解説してしまうと、別の金融機関には変更できないので注意しましょう。また、ニーサは新たに購入した株式や投資信託などが対象なので、現在持っている口座のものをそのまま移す、ということができません。その年に投資を行わなかったからといって次の年に繰り越しすることもできません。売却したとしても、非課税枠の再利用はできないので、注意しましょう。さらに、損失があったとしても、他の口座との損益通算はできません。

Posted in NISA | No Comments »

NISAを始める時に知っておきたいのが、一体どんな銘柄が向いているのかについてだと思うのですが、どうでしょうか?
やはりすこしでも利益を出したいというのが本音ですよね、向いている銘柄を選びたい!と思っている人も多いはず。
向いているのは、長期型で値動きの小さな物みたいです・・・なぜなら値動きが小さい方が変動も小さいので損失を出す可能性が低いからなんだそうですよ。
逆に、今が旬の短期型の銘柄は値動きが激しいので、出来るだけ避けた方がいいそうです。


●NISAに向いている人はどんな人?●

NISAに向いている人は、試算をコツコツ運用していきたいと考えている人みたいです。
コツコツ小さな取引などを積み重ねて利益を出していく方がNISAには合っているようです。
大きく試算を運用したいと考えている人や、富裕層の人には向いていないみたいです。
一番いいのは、自分の取引の仕方について研究してみることなのかもしれませんね。


●口座を開設したい●

NISAを利用するには口座を開設させる必要があります。
この時注意してほしいのが、口座は一人につき一つしか持つことが出来ない事なんです。
家族で利用する時はその人数分利用できますので、家族で利用する方が使い勝手が良いかもしれないですね。
そのさい、住民票の写しが必要になりますので事前に準備をしておいて下さいね。

Posted in NISA | No Comments »

NISAを始めるには、新しくNISA用の口座を開設する必要がありますが、一人1口座しか開設できず、一度口座を作ってしまうと、一定期間は金融機関を変更することできませんから、始めるときによく考えてNISAの口座を開設する必要があります。


NISAの口座を一人ひとつで変更できない

NISAは日本国内に住んでいる20歳以上の人なら誰でも始められますが、今のところ一人1口座しか開設を認められていませんので。一度どこかの金融機関に口座を開いてしまうと、それ以外の金融機関では口座を開くことができなくなってしまいます。また一度どこかの金融機関にNISAの口座を開いてしまうと2018年までは他の金融機関に変更することもできないことになっています。ですからどの金融機関にNISA口座を開くかは慎重に検討する必要があります。


金融機関によって違いがあるので注意が必要

NISAの口座は銀行でも証券会社でも開設できますが、それぞれNISA を利用して購入できる商品が若干違ってきます。銀行の場合は株式投資信託などとなりますが、証券会社はそれ以外にも上場株式が購入できますしETF、REITなども購入できるようです。またそれぞれの会社によって手数料も違いますし、サービスやサポートの内容も違っているのでよく検討することが必要になってきます。どの会社もネット上などでNISAについての説明や口座開設の案内を行っていますから、それを参考にすれば良さそうです。

Posted in NISA | No Comments »

NISAを始める時に何も知らないままではどのような銘柄を選べば良いのか分からなかったりしますよね。
事前にどのようなものが良いとされているのかについてネットなどを介してお調べになるのが良いかと思います。
現在NISAを利用している方々の口コミサイトを覗いてみたり、コンタクトが取れる質問広場などを活用して情報を得るのが良いかと思いますので、ぜひ試されてみてはいかがでしょうか?


●NISAに向いている銘柄はどんなもの?●

ここで気になるのがNISAに向いている銘柄についてですよね。
出来れば少しでも多く利益を出したいですし、損失も出したくないですものね。
NISAに向いているのは値動きが小さいものだそうで、値動きが小さいと変動もあまりなく損失する確率も低いと言われています。
逆に値動きの激しいものはその分変動も大きくなりますので、損失する確率も高いのだそうです。


●ご自分にあったやり方で!●

上記で銘柄についてお話をしましたが、一番良いのはご自分に合ったやり方でされるのが良いかと思います。
変に背伸びしたりしないで、ご自分が無理なく利用できるのが一番ですからね。
小さな取引を繰り返し行ったりしてコツコツと運用していくのがベストだと言われていますので、初めての方やもちろんそうでない方もぜひ参考にしていただければと思います。

Posted in NISA | No Comments »

少額投資非課税制度NISAは2014年より始まった新制度であり、決められた額に収まる範囲の投資が非課税になる口座を一人一つ持つ事ができるようになりました。また制度開始に先駆け2013年の時点から多くの証券会社や銀行がNISA口座を自社で作ってもらう為のキャンペーンに力を入れてきました。それもそのはずニーサの口座は前述の通り一人一つまでしか持つ事が出来ない上に口座開設から4年間は変更が出来ないからです。


NISA制度に改善の兆しが

ただこの4年という縛りに異を唱える人達が多く現れました。例えばNISAに向けて急いで口座を作ったものの後からより良い条件の口座が現れて変更を希望する利用者、他には言ってしまえば「囲い込み」に乗り遅れた証券会社や銀行から制度の見直しを求める声があがりました。そもそもニーサの利用可能期限自体が2014年から2023年までの10年間なので14年に口座を作ったもののすぐ口座を閉め新たに別の口座を作ろうと思っても縛り4年では18年以降の口座開設になってしまいます。またニーサを始めた年によっては5年の枠を使い切れないまま制度自体が終わってしまう事も想定できます。こういった事情を受け2015年から口座の変更が1年後から可能になる動きがあるようです。


想定し得る影響

NISA口座の変更が容易になる事で今後ますます証券会社や銀行といった口座取扱会社の競争激化が想定されます。また競争が激化する事でより良い条件の口座が出てくる可能性もある他、今まで口座開設に慎重だった人もNISAを始めやすくなります。

Posted in NISA | No Comments »

NISAを、この制度の旨みを存分に発揮できる投資信託がオススメです!正しい組み合わせで利用すればメリットもパワーアップしますよ。


NISAの制限について

NISAこと少額投資非課税制度の魅力は、何といっても「税金が引かれない」、この一点に尽きます。
しかし、こんな素敵なメリットを持つNISAも万能ではなく、1年間で100万円まで、トータル5年間のみという制限がついています。
まずは、この制限について正しく理解をしていきましょう。
1年間で100万円までという制限についてですが、これは「購入分」にかかっている制限です。つまり「いくら売ったり収益をあげたりしても、買えるのは100万円までですよ」というものです。
次に5年間というのはNISAを利用したトータル期間のことです。ので、2014年はつかって、2015年は口座を持ち続けても利用はせず、2016年にまた利用したら「使用期間は2年間」という計算になります。


投資信託との組み合わせがオススメな理由

これらの制限を考えると、株式よりも投資信託で利用する方がオススメなのです。
何故かというと、株はこまめに「売ったり買ったり」を繰り返す必要があるからです。100万円分までしか買えないとなると、この売り買いもしにくくなってしまうでしょう。
それならば1度買ってしまった後は長期的な動向を見る信託の方がNISAには合っているのです。

Posted in NISA | No Comments »

NISAってそもそも何なのさ?と言うご質問にお答えしたいと思います。まずは、基礎の基礎から見ていきます。


NISAとは何か?

さて、NISAの基礎についてお話する上で避けて通れないのが、このローマ字4文字の名称ですね。一般的に日本の中ではローマ字4文字くらいで、しかも学校等では見聞きしたことのないワードですと、「何かの頭文字かな?」ですとか、「どこかの会社名かな?」と瞬間的に思ってしまうものです。
しかし、NISAはそのどれとも異なります。
実は、イギリスで始まっていた投資非課税制度である「ISA」(アイサ)というものが語源です。
NIHON(日本)でやる「ISA」だから、「NIHONのISA」で「NISA」ということです。まあ、ある意味頭文字と言えなくもないのですが、「なぁんだ、割と安直なネーミングなのね」という感想をよくいただくエピソードですね。


正式名称は

NISAは上記の通りの、いわば「あだ名」「愛称」といった類のものです。正式名称は「少額投資非課税制度」と言います。さらに「そのまんま」感がある名称ですね。
漢字で見れば非常に分かりやすいのですが、「ちょっとの投資なら、税金はかけませんよ」という制度です。本当にそのままです。
ですが、文字数が多すぎてCMやポスターなどではちょっと使いにくかったのでしょうね。すっかりNISAという愛称の方だけが一人歩きしてしまいました。
覚えやすさはあだ名、意味の分かりやすさは正式名称といったところでしょうか。

Posted in NISA | No Comments »

NISAのデメリット

1月 28th, 2014

NISAをやることでデメリットは何かあるのでしょうか?「損をするとか、リスクがあるとかだと嫌だよ?」とお考えになるのは当然です。
では、NISAのデメリットについて見ていきましょう。


NISAのデメリットとは

NISAにデメリットがあるとすれば、これはNISA固有のものではないのですが、先述の通り「損をするリスク」はもちろんあります。何故ならあくまでやることは株式投資や投資信託などの「投資」だからです。投資には損をするリスクというのは付きものです。全くリスクゼロのものがあったら、それはそれで何だか危ない臭いがしてしまいます。
株を買った会社の業績が急激に悪化する可能性だってもちろんゼロではありませんし、これをゼロにすることは誰にも不可能でしょう。
NISAにではなく「投資」にデメリットがあると言えますね。


銀行に預けておくのとどっちがいいの?

NISAには5年間のみという制限もあるので、感覚的には「定期預金」という感覚で投資する方も多いようです。「5年間は、定期預金なんかよりはよっぽどマトモな収益があるし、しかもその分は非課税だし、銀行に預けるより得出来る」というご意見も。
しかし、銀行の定期預金ならば一回預けてしまえばその後は何か確認する必要はありません。投資は少なくとも1日1回は株価等を確認しないと不安だと思います。そういった不安感が個人差はあれど付きまとうこともデメリットかもしれません。

Posted in NISA | No Comments »

NISAのメリット

1月 28th, 2014

NISAという文字を最近色んなところで見かけませんか?テレビCMはもちろん、駅や街角でも至るところで見かけていらっしゃることかと思います。ではNISAって何でそんなに騒がれているのか、どんなメリットがあるのか、気になられませんでしたでしょうか?
ここではそのメリットについてお話いたします!


NISAのメリットについて

NISAとは、株式投資や投資信託などの資産運用を行った際に得られる収益に関して、税金を取りませんよ、非課税にしますよという制度のことです。
会社勤めやアルバイトなどでも月々のお給料が一定額を超えると「所得税」というものが課税され、お給料から自動的に引かれていますよね。
それと同じように普通は株式投資などで得たお金も税金がかかるのですが、NISAという制度の対象となるものに関しては、収益分がそっくりそのまま受け取れるのです。
これが一番のメリットであり魅力です。


非課税になるってホント?

税金が取られないのであれば、貯金が今たくさんある人は、全てNISAで投資信託に突っ込んだ方が、やり方によっては働くよりもお金がもらえるようになるんじゃないの?
そう質問されたことがありますが、残念ながらNISAには1年間に100万円分までしか買えないという制限がついています。年間100万円分までではよっぽどの奇跡が起きない限りは、今の年収を超えるだけの収益を上げるのは難しいでしょう。

Posted in NISA | No Comments »

皆さんはNISAについてどこまでご存知でしょうか?
中にはベテランが利用するものだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
ですが、そんなことは全くなくて初心者の方でも利用することが出来ます。
ただ、ルールを覚えたり専門用語を覚えたりするのが少々大変になるかもしれません。


初心者でも全然大丈夫!

NISAは初心者の方でも安心して利用することが出来ます。
ルールを知っていてまだ利用したことのない方には、一度試してみるのが良いかもしれません。
大きな金額で投資をしなければ損をしてもそこまで大きなものにはなりません。
小さな取引をコツコツ積み重ねて利益を生み出している方もいますので、最初はその方が良いかと思います。
いきなり大きな取引をするのも悪いことではありませんが、やはり慌てずゆっくりが良いですよね。


NISAを始めてみよう!

投資上限金額が100万円とされているので、自分にはそんな金額は無いから関係ないと思っている方も中にはいるみたいですが、それは違います。
例えばそれが50万円の投資であっても良いのです。
それなので、興味のある方は是非NISAを利用してみてはいかがでしょうか?
今では遊びながら学べるサイトもあるみたいですので、覗いてみて下さいね。

Posted in NISA | No Comments »